エアプレーンライド

エアプレーンライド

飛行機に乗る際預けるかどうか迷う手荷物について

飛行機に乗る際の手荷物の基準が近年変わってきました。厳しくなったと感じる人が多いでしょう。そのため、飛行機に乗ることに慣れていない人は、液体のものや化粧品などいろいろと持ちこめるのか、持って行ってはいけないのではないか、と考える人もいます。しかし、国内線ではお茶などの飲み物は機内に持ちこめます。その他の飲み物では、アルコール度数が24%を超え70%以下のものは一人5リットルまで持ちこめるのです。化粧品や飲み薬も一人2リットルまで持ちこみが可能ですが、国際線では取り扱いが違うので注意が必要です。また、虫除けスプレーやヘアスプレーも一人2リットルまで持ちこみができます。傘や化粧用の小さなカミソリも持ちこみができます。ただ、はさみなどの凶器となるようなものは持ちこみができません。飛行機の手荷物について、細かいところがどこまで許されているのかわからない人はトランクに入れて預けていることが多いですが、このように規定を知ればこれからの空の旅は楽になるでしょう。

飛行機に搭乗する方で、多くの荷物を抱える場合は宅配の利用を

飛行機を利用して移動する場合は、荷物に制限がかかります。これは、荷物の重さや、サイズ、数による制限と、持ち込み可否の内容があります。重さやサイズなどに制限がかかりそうな内容は、予め、前日までに宅配によって移動先に届ける方法が最適です。陸路で配達可能な内容であれば、不可の内容に最適です。重量オーバーは、割増し料金が発生します、これは、一般的な宅配料金よりも高くなる傾向にあり、ペナルティとしての意味合いが強い物です。宅配料金と同じ金額にしてしまうと、多くの方が利用する事になり、飛行機に乗せる事ができる全体的な荷物の制限をオーバーしてしまう可能性があるためです。旅行などは、持ち物があると旅行の気分を高揚させてくれますが、宿泊先に届けておく事によって少ない内容で移動する事が可能になり、空港に着いてから直接、観光巡りを行う場合にも最適です。飛行機に搭乗する場合は、予め、航空会社のホームページを見て、制限内容を調べておく事が重要です。

pickup

Last update:2015/7/9

△ページ上部