エアプレーンライド

エアプレーンライド

過酷となりつつある飛行機整備の概要とは

国内の主要な国際空港もいよいよ24時間稼働の体制となり、ひっきりなしに発着する飛行機の整備作業もまた、24時間休む事無く続けられる様になりました。本格的なオーバーホールや点検はともかく、到着から次のフライトまでの短時間内における簡易的な機体のチェックや整備は、それこそスピード勝負となるケースが多いものです。離発着時に最も負担の掛る部位となる足周りやタイヤ部分、そして過酷な運転が続くエンジン部分を始め、100パーセントの安全を確保する為に行わなければならない整備箇所は無数に上ります。機体の安全は無事なフライトの最低条件ですから、コストダウンの時代とは言え、この部門で人数やコストを減らす訳にはいかないのです。多くの系列、あるいは下請けのメンテナンス業者では、これら専門のメンテナンススタッフを2あるいは3交代で回転させ、万全の体制を敷いているケースが多くなっています。またこうした過酷な作業に耐えられる人材は貴重ですから、各スタッフへの手当や待遇も大変優れたものとなっている事が多いものです。

飛行機に関わる大事な仕事、航空整備士

航空整備士という仕事は地味な印象を抱かれるでしょうが、実はとても重要な役割を担っています。子供の頃から多くの人たちが飛行機の操縦士を将来の夢として語ったと思います。大空を飛びまわる銀翼の姿に憧れを抱く子供心は特に男性を中心として身に覚えがあるはずです。そして飛行機における花形ともいえる職業はやはり操縦士なのでしょう。あの大きな機械の鳥を操縦する自分を頭の中で想像した人も多いのではないでしょうか。しかし全ての搭乗員の安全を管理するのは機体を操縦する操縦士だけではないのです。機体そのものの品質や安全を厳重に観察、管理している航空整備士も影ながら人々の安全を支えているのです。空を飛ぶ鉄の機械に大勢の人々が安心して乗ることができるのは、ひとえに彼らの丁寧で真摯な、乗客の安全を心から願う気持ちと仕事ぶりのおかげです。操縦士が集中して操縦できるのも、乗客が墜落の不安を覚えずに空の旅を楽しめるのも、航空整備士という縁の下の力持ちがいるからこそなのです。

check

街コンに1人で参加
http://withkon.com/

最終更新日:2015/7/9

△ページ上部